メイド·イン·コリア国際サッカー大会、 “ピースカップD-100”


 

2012.04.10 | 毎日経済

メイド·イン·コリア国際サッカー大会、 “ピースカップD-100”

韓国が作る国際サッカー大会ピースカップ開幕が100日に迫った。 今回の大会は城南一和化はじめ地動ウォンのリヴァプール、ソンフンミンウイハンブルクなどが参加する。

 [毎日経済ドットコムMKスポーツイムソンイル記者]韓国が作る国際サッカー大会ピースカップの開幕が100日に迫った。

2003年最初の旗をあげたピースカップは2年ごとに回を重ねている2009年スペインアンダルシア4回大会以来、1年のブランクの後、2012年、再び国内で開かれる。今回の大会は7月19日の開幕戦を皮切りに、7月22日まで予選の2試合と3-4位決定戦と決勝戦の計4試合が行われ、賞金総額の規模は250万ドル(約28億ウォン)にのぼる。すべての試合は、水原(スウォン)ワールドカップ競技場で開かれる。

今回の大会には、シン·テヨン監督が率いる城南一和(韓国)をはじめ、地動員が属しているサンダーランド(イングランド)、ソンフングミン走っているハンブルク(ドイツ)など、韓国の選手たちと縁があるヨーロッパのビッグリーグのクラブが参加してレベルの高い舞台を演出する予定だ。 特に、韓国の海外派選手たちの活躍をTVのみ見守るしかなかった国内ファンの渇きを解消させてくれる良い機会になるものと見られる。

太極戦士だけでなく、ヨーロッパのビッグリーグで活躍する世界的な選手たちのプレーをすぐ目の前で見ることができるということは、ピースカップの最大の魅力である。 韓国サッカーの地位をドゥノプイヌン、韓国が作る国際的なサッカー大会ピースカップの誇りでもある。

ファンだけでなく、選手たちにも見逃せない機会だ。 2003年に初代大会にアイントホーフェンと一緒にピースカップに参加した朴智星、李栄杓が後日ビッグリーグ進出したように、世界のサッカー関係者たちに自分をアピールできる良い機会ではないことがありません。 ピースカップ組織委側は、過去ピースカップ参加チームは、韓国のサッカー有望な人をナビゲーションして獲得したように、今回の大会でも韓国のサッカーのインフラストラクチャとの有望選手を紹介されることができる機会となることを望んでいる。

一方、今回のピースカップは、SNSを利用した各種イベントが準備されています。大会開催D-100を迎え、 “ツイッターフォロー&リツイート”イベントと “スマートフォンの壁紙認証”のイベントが行われ、イベント当選者たちには、最新型のスマートパッドとデジタルカメラをはじめとする様々な商品が贈呈される予定だ。 詳しくは、ピースカップのホームページ(http://www.peacecup.com)を通じて確認することができる。

一方、ピースカップ組織委員会は、まだ決定されていない残りの一チームの交渉のために総力を傾けている。近いうちに最善の参加クラブを選定して発表すると思われる、やはり韓国の選手に関連しているクラブになることが有力な状況だ。

写真=ピースカップ組織委員会提供

🙄    🙄    🙄

韓国統一教HP>国内ニュース

2012 PEACE CUP(ピースカップ)の概要

 

Posted by on 2012年4月11日. Filed under スポーツ・文化, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*