日韓トンネルに朗報?!


韓国交通ポータル GyontongN.com [2012-03-30 16:44:56]

“海中鉄道”で海の中の線路が開かれる

 

-鉄道硏、国際セミナーを開き、新技術の研究結果を発表…

“海中鉄道新技術”で海の中の地図が変わって海の中の線路が開かれる。

韓国鉄道技術研究院(以下チョルドヨン、院長ホンスンマン)は、去る3月28日、汝矣島韓国火災保険協会ビルホールで “大陸の接続の夢を実現する鉄道技術の革命海中鉄道”国際セミナーを開催し、夢の海底鉄道研究結果を発表した。

セミナーでは、チョルドヨンソスンイル博士チームが、海中パイプライン人形鉄道建設のための研究の結果を発表し、イタリアのシチリア島周辺のメッシーナ海中トンネルの企画ナポリ大学マジョルラニ(Mazzolani)教授をはじめとする国内外の交通、トンネルの専門家たちが大挙参加し、海中鉄道技術を議論した。

海中鉄道は海の中に長い大規模なパイプを設置し、その中を列車が運行している原理が適用される。海中のど真ん中を走るという意味の海中(海中)鉄道だ。

海底トンネルをくぐる既存の海底トンネルの概念とは異なり、1個あたり約100mの長さのパイプ型構造物を作製し、30m以下海中の真ん中につなぎ合わせて固定します。

コア技術は、海中で浮力のために浮上しようとパイプ型構造物を床に関連付けられたロープで固定して安定的に所定の位置にできるようにすることです。
また、海中を走る鉄道であるだけに完璧な防水処理技術が必須。外板とネパン間をコンクリートで埋めたサンドイッチド構造を連結して大規模なパイプを完成する。

鉄道研は海中で発生する可能性のある潜水艦衝突、水中爆発、地震などの危機的状況に備えたモデル試験とコンピュータシミュレーションした結果を紹介した。

これまで海底トンネル建設は、10年以上の長い工事期間と莫大な費用による経済性の問題が引き続き提起された。

実際に韓日海底、韓中海底トンネルは天文学的な工事費で認識の困難が多く、基礎研究だな行われた。

特にトンネル工事時に発生する土砂を陸に運ぶ必要がありため、トンネルの長さが長いほど、工事に多くの困難がある。

だが徐博士らの海中鉄道は、既存の設計や工法を超えて施工が簡単で、工期が短縮された特殊な工法で、現実的な可能性をさらに高めた。

床面の地質条件に影響を受けずに、パイプを束ねて支持することができる基礎工四万必要なので、施工が簡単で、ほとんどの構造物を陸上で製作しますので工事期間が短縮される。

特に韓中間の海底トンネルで接続する場合は、柔らかい干潟で構成される床を突き抜けなければなら最悪の困難な工事を避けることができており、我が国西海地形に合った技術である。

また波と風の影響が微小で水深も大きな影響を受けないため、大きな海を横切る大陸の接続も可能だ。

海中パイプ鉄道はkmあたりの推定建設費は約890億ウォン。韓中路線、仁川と中国の山東省の威海を結ぶ341kmを建設する場合、予想建設費は約35兆ウォンで、海底トンネルの予測、建設費約123条に比べて約94兆ウォンを削減し、費用対便益があると分析された。

ホンスンマンチョルドヨン院長は、 “海中トンネルは鉄道輸送技術を中心に海洋、土木、防災、機械、電気電子などの工学分野の融合複合技術が絶対的に必要な新しい技術であり、将来の緑の輸送技術と大陸鉄道を連携して環黄海圏物流を活性化できるように、このプロジェクトを導いていく “と述べた。

 

◇海中鉄道と海底トンネルの建設費の比較

ノ線

長さ(km)

海中鉄道

期間

海底トンネル

期間

仁川〜威海

(韓国〜中国)

341

35兆

5年

123条

10年

湖南〜済州

167

8兆1000億ウォン

5年

14兆6000億ウォン*

10年

釜山(プサン)〜福岡

(韓国〜日本)

223

16兆5000億ウォン

7年

92兆ウォン*

15年

*韓国交通研究院(2009年交通3月号)

 

——————————————————————————————————————————

[書籍紹介] 書籍「国際ハイウェイプロジェクト -日韓トンネル30年の歩みと展望- 」出版

国際ハイウェイプロジェクト

 

 




coded by nessus
Posted by on 2012年3月30日. Filed under トピックス, ニュース, 国際情勢. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*