鮮文大、青少年人格教育の先駆け


鮮文大、青少年人格教育の先駆け

 指導プログラムのための忠武(チュンム)教育と交流協定

 

 青少年の情緒支持と人格教育のための鮮文大学(総長ファンソンジョ)が率先した。

鮮文大は体系的な指導プログラムのために29日午前鮮文大学校小会議室で忠武教育(院長イチョルジュ)と交流協定を締結した。

条約は、忠南Weeスクールの学生支援のための文台相談産業心理学と大学生の放課後教育活動指導と教育実習プログラムを運営し、専門のカウンセラー養成のためのインターンシップ·プログラムの開発と運営に協力することを主な内容としている。

これにより、両機関は、地域社会の教育共同体のネットワークを構築し、忠南Weeスクールの学生の放課後サークル活動と鮮文大の学生の教育実習プログラムの運営に相互協力することにした。

これと共に忠清南道Weeスクールの学生の福祉増進のための放課後クラブ活動指導剤運用と新しい時代のリーダーシップ育成の教育に力を合わせることにした。

ファンソンジョ総長は、 “青少年は、私たちの夢と希望であり、将来の”と述べ、さらに “青少年たちが、国家と人類の発展のための生活環境の適切な価値観を定立できるように支援する”と述べた。

 

【関連記事】




coded by nessus
Posted by on 2012年3月29日. Filed under ニュース, 教育・留学. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*