[専門家コラム】自己啓発·分かち合いの実践…仕事探し女性​​の “実家”になるだろう


[専門家コラム】自己啓発·分かち合いの実践…仕事探し女性​​の “実家”になるだろう

2012.03.09 04:25

JoinsMSN

現在の我が国の女性就職率は全体49%程度です。
しかしこれを年齢帯別に区分してみれば20代が69%程度や,50代が64%なのに比べて30〜34才間は51%程度に終わります。 これは出産と育児によって就職維持率がずっと低くなっているためです。

このような問題を少なくとも解消咳気ために先月26日開所した私たち‘鮮文(ソンムン)大産女性新たに仕事するセンター’は大きく三つを指向しています。 最初に、自己啓発です。 別名ABC! プロジェクト(Aim,Behavior,Challenge project)で‘目標を行動に移して,挑戦してみよう’です。 当センターのスタッフに1つずつ、自己啓発をすることができる目標を設定するようにし、それを行動に移して実践してみることで、自分の自信と自尊心を高めることをしようとしています。 自分自身に対する愛情をもとにセンターを訪れる人々に愛情を注ぐことができるためです。


第二は配慮です。センター内の従業員同士の仕事に配慮し、女性たちの現在の姿をきちんと見て、彼らの立場から述べているなど、それらを配慮し、理解しようです。 仕事をしてみると確かに難しい点が一つや二つではないでしょう。 しかし、原則にこだわるなら難しく救った仕事でまた家に帰らなければならない事項が来るでしょう。 それでは、このセンターの存在も無意味になるということです。働く人々の経済的、家庭的、社会的状況を把握し配慮と理解を介して暖かいセンターで作っていきたいと思います。 こうなると自然に内談(来談)する経歴断絶女性たちは自分の心をしっかりと認められる当社の従業員を好きになって実家オン気持ちで安らかに対話できるでしょう。

三番目は分かち合いです。 自分が持ったものを少しだけ分けるならば世の中は本当に暖かくて幸せになるでしょう。 私どものセンター職員は全部職業相談士資格証明があって相談も上手にして疎外されたところを探して,相談分かち合い奉仕をする計画です。 すでに何箇所知っておいたしその中で機関長様と話を通じて,1ヶ所程度着実に奉仕する計画です。

運営は自律と責任です。 政府事業の一環で運営される機関だと見ると実際の定性的な評価も重要だが定量的な評価も無視できません。 責任を持って自ら引き受けた業務に対して徹底した雇用サービス品質保証制を実施する計画です。 また,業務の自律性を最大限保障して,私たちの職員が自由に業務にまい進することができるようにしようと思います。

これを実現しようと相談を受けるすべての内談(来談)者などに相談満足度を調査して,地域女性に必要な教育や雇用サービスなどに対する意見取りまとめと事前調査をするでしょう。 これを通じて,新しいプログラムを開発してより一層良い方向でサービスを提供しようと思います。

もちろん地域企業の声も入れる予定です。 地域企業に直接訪ねて行って,企業で望む人材に対して聞いて,教育機関でどんな方法や内容で教育をすれば良いのかに対する意見も聞いて,センター運営に積極的に反映する予定です。

地域女性たちの関心と一緒に実際教育を受けて就職を望む女性たちを採用することができる企業を足で探して通って良い協力関係を維持するようにします。 地域企業でも私どもの産女性新たに仕事するセンターに大いなる関心と激励を惜しまれなかったらと思います。

 

イ・テヒョン鮮文(ソンムン)大の女性、新しく仕事するセンター長

 

イ·テヒョン
鮮文大の女性、新しく仕事するセンター長




coded by nessus
Posted by on 2012年3月10日. Filed under コラム. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*