“イエス·キリストもイスラムの創始者ムハンマドの登場予測した”


“イエス·キリストもイスラムの創始者ムハンマドの登場予測した”

2012-02-24 13:20(韓国時間)
▲サウジアラビアのメッカで聖地を参列するイスラム教徒たち。
バチカンのローマ教皇庁が、トルコ政府が保持している1500年前の聖書の本を閲覧するようにしてくれと公式要請したと報道され、波紋が広がっている。
この聖書は、イエス·キリストのゴンセンファル3年の早い段階の教えを記述したものが知られています。この聖書が注目されるようになったのは、イエス·キリストが、すでにイスラムの創始者ムハンマド(570〜632)の登場を予言したという部分が出てくるからだ。
一般的に “バナバス福音(Gospel of Barnabas)と呼ばれているが、古代の聖書は、カトリックとプロテスタントの両方の公式福音書で認められていない。
動物の皮に書かれたこの聖書は、イエス·キリストが使ったことが知られているアラム語でされており、信憑性を与えている。
米国のインターネットメディアホピントンポストによると、この聖書は、地中海沿岸での密輸や盗掘などの疑いで逮捕された組織犯罪組織が所有していたもので、トルコ政府が押収した。
トルコ政府は、この聖書のテキストを秘密の場所に保管していることが分かった。ソースの閲覧は許容ないのにコピーを購入しようとしても、なんと170万ドル(約19億円)を与えなければならない。
法王庁がこれまで沈黙を破って、トルコ政府には、聖書のジャックの公式閲覧を要請したというニュースに、宗教界の関心が集中している。
もしバチカンが、トルコの聖書を公式の福音書に認めた場合は、キリスト教とイスラムの関係は、新たに定立させざるを得ない状況に置かれている。
キリスト教とユダヤ教、イスラームの三宗教はすべてアブラハムを先祖としており、根が同じだ。



coded by nessus
Posted by on 2012年2月29日. Filed under トピックス, ニュース, 国際情勢. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*