キム·ジョンウン副委員長に会ったパク·サングォン平和自動車代表


韓国・統一ニュース(2012年02月02日(木))から

“極めて人間的に見えた”

キム·ジョンウン副委員長に会ったパク·サングォン平和自動車代表
“極めて人間的に見えた。 そう何特に作られたのどうするとどうしたら多くの話があったが、私からみると非常に成熟して洗練された洗練された20代後半の普通の人に見えた。”
昨年末にイ·ヒホ女史と玄貞恩会長が金正日総書記の弔問を行ってきたという事実は広く知られていますが、バクサングォン(61)平和自動車代表理事が弔問を行ったキム·ジョンウン、当時、党中央軍事委員会副委員長を直接会ったことはあまり知られていなかった。
バクサングォン代表は、世界平和連合弔問団の一員として、昨年12月24日DMZ(非武装地帯)を越えて個性を経て平壌に到着し、金日成広場で焼香し、26日錦繍山記念宮殿でイ·ヒホ夫人、玄貞恩会長に続いて弔問しキム·ジョンウン副委員長に会った。 だけでなく、28日の告別式と29日の追悼大会と上開きの両方に参加して帰ってきた。
先月31日、国内メディアと初めてインタビューに応じたバクサングォン代表は文亨進(34)世界平和統一家庭連合会長と “​​ワシントン·タイムズ”朱東文社長と朴代表がキム·ジョンウン副委員長に会ったと言って “握手もして挨拶もした”と述べた。
朴代表は、キム·ジョンウン副委員長に会った印象について、 “そんなに特別に作られたような感じがなかった。全く人間的に見えた “とし、”とても感謝して感謝するような目つきというか、父を失った人としての悲しみそんなものが目に映って顔に流れていた “と伝えた。
また、 “人々を迎える形が非常に真剣で本当に暖かい心、感謝して感謝を表するような、非常に良い雰囲気だった。 軽くない様子で見た “と付け加えた。
当時平壌の雰囲気について、彼は “雰囲気は、昔、金日成主席の逝去時全く同じだった”とし、 “人民が見せてくれた道に加え、自分たちの服を脱いで敷くでもマフラーを脱いではめるでもそんな姿はそれは暑かった今回は雪が降って違いますが、その時見られなかった新たな一面 “と伝えた。
彼は “60年以上を神様のような首領を神のように仕えて生きていて、その後ろに、また国防委員長を神のように仕えて生きた”とし、 “北の集団指導体制とはありえない”と断言し、 “金正日総書記の死亡日が12月17日であり、3月末には100日通ります “と、” 100日までは北の人々が言わずに、比較的静かに行くだろう “と展望した。
天安事件以後、5.24措置で南北間の交流がすべて詰まっている状況でも、アメリカ国籍の朴代表は、着実に、南北を行き来しており、3年前から平和自動車が黒字に転換し、普通江ホテルも黒字を出していると、そのノウハウについて聞かせてくれた。
また、彼は18年の間の対北交流の経験をもとに、北韓が追求する “強盛大国”の意味とか “世界に向けて”というスローガンなど、様々なテーマについても、独自の明確な解釈を出した。
次は1月31日午後4時50分頃からソウル江南(カンナム)島山大路に位置し、平和自動車オフィスでのインタビュー内容である。
<続きはこちらから>

▲平和自動車が組み立て生産した代表的な乗用車である口笛Ⅲ。【写真提供 - 平和自動車】

Posted by on 2012年2月10日. Filed under ニュース, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*