[UPFニュース] 2012世界平和軍新年セミナー年度の


2012世界平和軍新年セミナー年度の

2013年1月13日の基元節を勝利のうちに迎えてアベル国連の組織の中核人材となる世界平和軍、統一義兵養成活動の4大活動の中心課題が発表され、2月から本格的な活動に乗り出す。 ファンソンジョ平和行動代表は、去る1月29日〜30日、清心国際青少年修練院で開かれた’2012世界平和軍新年セミナー”で、”基元節は、新しい歴史の出発点である。人間中心の歴史の中で神と人間の合一の歴史が展開されているもので、これらの歴史の新しい章をアベルUNを使って作っていこうという意味を込めている”と説明した。

すぐに登壇した文国進統一グループ会長は、 “強い韓国。” テーマの特別講演で、 “小さな国だといって、弱い必要はありません。イスラエルの場合、周辺アラブ諸国に囲まれていますが、実戦状況になると19個師団を配置可能で、一日に3千回の戦闘機を飛ばすことができる。これは、最強大国アメリカよりも優れた対応能力”と”韓国も真の天が選択した国として、平和を維持していくために自らの力をつけるために見習うべき点がある”と強調した。 続いてユジョンオク会長は本体論講座で”人類の歴史を通じて待ち望んだ真の父母、すぐに韓国に来られ、世界のリーダーたちが、真の父母祖国、韓国の言葉や文を学び、文化を身につけるために努力する姿に、私たちは感謝して満足している”と話した後、”父神様と人間が一体となった生活を送ることが天地人真の父母が顕現することになる道である。結論的にはために生きることが、その道だ”と話した。

今回のセミナーでは、ソンデオ鮮文大総長の “平和の世界を実現するための道徳政治の実装”、チュソン​​チュン生活政治学院院長の “ジャーナリストが見た平和運動”、ジャンゴンジャ忠北大学校教授の “韓半島周辺情勢と国際政治力学構図”という特講この二日目まで続いた。

ファン会長は閉会の辞で、 “文鮮明総裁は、アベル国連を構成する10の委員会を具体的に設立する計画であり、これをサポートするために、圓母平愛財団の設立を提唱したし、4千億ウォンの資金を準備している”とし、 “漠然としたサービスではなく、平和理想を実現する基盤を作り、10つの機構を作成して、実践的、既存カイン圏制度と対称になってはアベル圏制度と機構を介して専門性を持って、国民啓蒙運動を展開していく予定”と明らかにした。

Posted by on 2012年2月4日. Filed under ニュース, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*