ニュース 統一運動

文亨進世界会長らの金正日弔問訪朝に政府がサポートで”弔問議論”

更新日:

政府、 "統一協会の文亨進の3人、金正日弔問訪朝サポート"一歩遅れて明らかになり波紋

2012年02月03日(金)10:18:53
[チョウンのニュース=グォンギョンリョル記者]ムン·ソンミョン世界平和連合総裁の息子である文亨進世界平和連合世界会長とアメリカ国籍の韓国人3人が政府の支援を受けて軍事分界線(MDL)を越えて金正日総書記の死亡の弔問の訪朝したのが一歩遅れて明らかになり、波紋が予想される。
3日<聯合ニュース>の報道によると、文会長とパク·サングォン平和自動車社長、朱東文ワシントンタイムズ会長など3人は昨年12月24日、京義線側の軍事境界線を越えて個性を経て平壌に到着した事実が明らかになった。
これらは、金大中前大統領の夫人イ·ヒホ女史と玄貞恩現代グループ会長一行より2日後に控え訪朝したのだ。
ムン会長一行は、 "世界平和連合組の訪問団"名義で "尊敬する金正日国防委員会院長の永遠の命を祈願する"は、調和を提供し、錦繍山記念宮殿に安置された金総書記を弔問した後30日、平壌を発ったと言う。帰還経路は知られていない。
当時ムン会長一行は、中国を経由し入ったことが認識されていたが、事実は私達の政府がこれらの軍事境界線通過をサポートしていたことがわかった。
<連合ニュース>は、 "政府が金総書記の弔問の問題が焦眉の関心の状況で、彼らが軍事境界線を越えて弔問に訪朝した事実が知られていた場合、波長が広がることを懸念し、まったく公開していないことが分かった"と報じた。
統一部関係者は "3人はいずれも米国国籍育って、中国を通っても、北韓を訪問するのには何の問題がなかっただけに、陸路を経由の訪朝に利便性を提供したもの"と一歩遅れて釈明した。
しかし、政府は当時、イ·ヒホ夫人と玄貞恩会長の家族にのみ例外的にお礼弔問を可能にし、民間レベルの弔問は一切許さないていたのでこのような事実が知らされて一歩遅れて "弔問議論"が広がる兆しを見せている。
【関連記事】

-ニュース, 統一運動
-,

Copyright© familyforum , 2019 All Rights Reserved.