新宿区戸山公園の箱根山


Toyamakouen Hakoneyama

山手線内で一番高い山と噂されるのがここ新大久保駅から徒歩10分ほど歩いた戸山公園にある箱根山。

戸山公園は明治通をまたいで大久保地区と箱根山地区と二つに分かれていて以外に広く運動場やスポーツセンターなどの公的な施設も近隣にある。歩き回るとコンクリートで囲まれた都心新宿区の住みにくそうな悪いイメージが一新されるほど充実していて楽しそうだった。

この公園、元は江戸時代には尾張藩徳川家の下屋敷の回遊式庭園だったとか。

Toyamakouen Hakoneyama02

私が20代の頃、ここ箱根山に来た時は雑草が生い茂る荒れたハゲ山だったのでそんな高級感は全くなかったが、今では整備されてそのむかしむかしの庭園の面影もにわかに感じ取れるほどきれいになっていた。

階段もあり登るのには苦労はなく、後から年老いた日本人夫婦らが青い目の孫らしい赤ちゃんたちを連れて楽しそうに登って来た。日曜日の午後だから教会の帰りに寄り道しているのだろう。

箱根山が本当に山手内で一番高い山なのかは分からないが、天に近い場所として教会の多い新大久保では聖なる地として重宝されているのかも…?しれない。

Posted by on 2012年2月2日. Filed under できごと. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*