城南、清水破ってアジアチャレンジカップ優勝 <스포츠월드>


城南、清水破ってアジアチャレンジカップ優勝 <スポーツワールド>

城南一和のエベルトン(左)が26日、香港スタジアムで日本のJリーグの清水Sパルスと行った、2012ニコンアジアチャレンジカップ決勝でゴールを入れた後、仲間のエーベルチンヨと喜んでいる。城南一和提供

シンテヨン監督が率いる城南一和が熱いゴール祭りで新年最初の出場大会で気持ちの良い優勝を果たし、今シーズン期待感を高めた。

城南は26日、香港スタジアムで日本のJリーグの清水Sパルスとの2012ニコン アジアチャレンジカップの決勝戦でハンサンウン、エベルチンヨ、エベルトンなどゴール洗礼に5-1で大勝を収め、優勝カップを抱きしめた。 特に、新年初めての韓日戦で気持ちのいい勝利を取りまとめてサッカーファンを楽しませた。

城南(ソンナム)は去る23日、準決勝ではファリアス監督が率いた中国の広州くちばしを相手にイジョクセンハンサンウンの2ゴール2アシストの大活躍を見せたのに力づけられて5-1の完勝を収めて決勝に進出した。
一方、アプシンゴトゥビ監督が指揮した清水は、香港のサウスチャイナとのPK戦の末難しく上がってきた。 それでも清水は、一国の国家代表出身の高原直泰と大野真司が支えている手強い相手だった。

しかし、今年開催されるピースカップに備えて、大々的な選手補強を介して電力を高めた城南攻撃手のゴール決定力は確かだった。 砲門は前半4分で開かれた。 側面から飛んできたパスをペナルティーエリア右隅に受けたエベルチンヨは難しい角度で果敢に殴ったシュートがGKの手を当たってそのままゴールに吸い込まれてあげて城南が機先を制した。 清水も高原を前面に出して,城南(ソンナム)のゴールを何回威嚇したが所得はなかった。こうするとすぐに城南は前半16分、エベルトンが、中盤から飛んできたヘディングパスを守備後ろ回って入って行って受けてGKと対立した後、追加点を抜いて雰囲気を反転させた。
城南はこれに満足することができなかったように前半20分ナムグン・ウンが正面で得たフリーキックをハンサンウンがきちんとしたシュートでゴールへとつなげて3-0までのスコアを広げた。 広州を相手に最も人気の城南移籍申告をしたハンサンウンは2試合連続ゴールで今大会最高のスターに浮上した。

差し迫っていた清水は前半26分、ベンチにいた大野真司を投入して勝負を打ち上げたが、無駄だった。城南は、ナムグン・ウンが守備では、一度に飛んできたパスを受けてゴールキーパーと対抗するとすぐに守備選手岩下が反則を犯してペナルティーキックまで得た。 この時に直ちに退場命令を受け、前半37分エベルトンがこのPKをきれいにゴールに連結して、前半だけで4-0で事実上勝負を終えた。

大きなスコアの車に数的優位まで前面に出した城南は、後半の安定した試合運営を繰り広げたが、後半22分、守備失策で伊藤ショーに1点を許した。 しかし、後半31分イチャンフンがくさびゴールでこれを挽回した。今回の大会優勝で冬の間の確実な戦力補強になったことを確認した城南は、今シーズン突風を予告した。

ソンヨンジュン記者ei​​dy015@sportsworldi.com




coded by nessus
Posted by on 2012年1月27日. Filed under スポーツ・文化, ニュース. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*