アジアチャレンジカップで”城南(ソンナム)、広州5-1猛爆


正月(23日)、香港スタジアムでアジアチャレンジカップが行われた。城南一和はまさに”レアル城南”として生まれ変わったその姿を存分に現した試合であった。

 

“ハンサンウン2ゴール2アシスト、”城南(ソンナム)、広州5-1猛爆

[異性フィル記者]大規模な投資で今シーズンの準備をしている城南一和は中国の広州くちばしをしたことが指導した。

シンテヨン監督が率いる城南が23日午後、香港スタジアムで開かれた”アジアチャレンジカップ2012″広州ブリ(中国)との初戦で5-1で大勝をおさめた。

“香港グジョンコプ”から名称が変更されたこの大会は、城南(ソンナム)のほか、広州、清水Sパルス(日本)、サウスチャイナ(香港)などが参加した。
勝利した城南は、清水 – サウスチャイナの勝者と26日に決勝戦を行う。

広州は2007年に浦項スティーラーズのKリーグ優勝を導いたセルジオファリアス監督が指揮を取っている。今年は1部リーグに昇格した。リアス監督はKリーグでの新監督に勝っ見たことがない面白い勝負が予想された。

城南は釜山(プサン)アイパークと大田シチズンでヨウンイプバンハンサンウン、ギムソンジュンをはじめ、”ラデウイ甥”として知られているヨバンチチなど、新たにスヒョルハンこれらを投入し、個人の技量と戦術の確認に焦点を合わせた。
既存のエベルチンヨ、エベルトンなどからゴールを狙った。

前半11分ヨバンチチウイつま先から開始されたボールがハンサンダウンの足を経て、エベルちん料への接続は、先制点につながった。
勢いを取った城南は18分韓商​​運のパスを受けたエベルちんよのシュートが外れるな​​ど、威力的な攻撃を繰り広げた。

左足が主な武器であるハンサンダウンは虚を突くパスで今シーズン、城南の一つの軸となることを予告した。 28分には朴砲が刺してくれたのパスを逃さずゴールを思うよ36分、中央線の前中盤の中央で得たフリーキックをそのままゴールに接続し、拍手を受けた。

広州は44分ジャンシュオガ1点を挽回して追いかけてくるようだったが、さらに時間ヨバンチチガ守備のミスを逃さず1点を追加し、前半を4-1で終えた。

後半にも隙を与えずに、城南は4分の韓商運が右サイドから横切る期限をユンヨウンソンを頭で受けて入れて、チームの五ゴルチェルル完成した。
ハン運は2ゴール2アシストでワンマンショーを繰り広げた。以来、城南は色々と選手交代をしながら、実験に夢中にし、軽く勝利を勝ち取った。

 




coded by nessus
Posted by on 2012年1月24日. Filed under ニュース. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*