「日本人婚約者が拉致監禁されている」ハンガリー女性の手記


2011年12月14日

2011年9月に、名古屋市在住のMKさんの拉致監禁については、各ウェブサイト、ブログにて報道されました。

http://kidnapping.jp/news/20110930.html
http://kidnapping.jp/news/20111008.html
http://kidnapping.jp/news/20111111.html
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-288.html

2日前の事(2011年12月12日)ですが、アメリカ統一教会本部のウェブサイトに、MKさんのハンガリー人である婚約者の手記が掲載されました。MKさんの婚約者は、31才のAgnes
Jambor
(アグネス・ジャンボーさん)で、ハンガリーの統一教会に所属です。Keiichiさんとは、2005年の教会の結婚式で祝福を受けました。以下、アグネスさんの手記です。

————————————————————————————–
I
come from a small city called Sarkad, from a poor family. I have one older
brother who is 19 years my senior from a different mother and one older sister
who is 14 years my senior with a different father. As you can see, my family is
quite mixed. Both of my parents had a previous marriage before they married each
other.

私は、Sarkad(サーカド)という小さい街の、貧しい家で育ちました。19才年上の母親の違う兄と、14才年上の父親の違う姉がいます。もう、お分かりのとおり、私の家族は複雑です。私の両親は二人とも再婚です。

My
parents were not religious, partly because until 1990, Hungary was under
communism. My grandmother on my mother’s side and her family were strong
Calvinists. When I was a child, I went to church with my grandmother many times
because she took care of me when my parents were working. I didn’t understand
much from the services. I could only see that there were many old people sitting
there, and I did not like them. I also felt that they didn’t understand what
they were talking about. They spoke about love, but outside of church they
behaved another way. When my mother lost her job and started drinking, our
so-called religious relatives did not help us and just said bad things about us.
As a child, I felt that wasn’t right. They spoke about love but did not love. I
sensed that something was missing from the holy texts they read at church and
how they explained these
texts.

私の両親は宗教的ではありませんでした。それは、ハンガリーが1990年(訳者注:アグネスさん10才の頃)まで共産主義下にあったことも影響していると思います。私の母方の祖母は、熱心なカルビン派でした。私が子供の頃、祖母と一緒に教会によく行きました。両親が仕事をしている時、祖母が私の面倒を見てくれたからです。教会には老人ばかりが多くて、私はあまり好きではありませんでした。私は、その老人達は、自分たちが話していることを分ってないのではないかと感じました。と、いうのは、彼らは愛について語るけれど、教会の外では別の行動をしていました。私の母が仕事を失い、酒におぼれ始めた時、いわゆる宗教的な親戚は私たちを助けもせず、私たちの悪口を言っていました。子供ながらに、それは正しくないことだと感じました。彼らは愛について語るけれども、愛することをしませんでした。彼らが教会で読む聖書と、彼らの説明には、何が抜けているものを感じました。

My
mother would say, “God is inside of us.” She was disappointed in the church, but
I think not in God. She raised me up to keep a good standard – to keep my
purity, to respect others, etc. I know nothing about the religious background of
my
father.

私の母は「神様は私たちの中にいます」と言っていました。母は教会には失望しましたが、神様にはそうではないと思っています。母は、私をよりよく育ててくれました。私の純血を守り、他を尊敬することを教えてくれました。父方の宗教的背景については、私は知りません。

Agnes in Hungary.JPG
Photo: http://kidnapping.jp/news/20111111.html

Why
I Joined the Unification Church
なぜ、統一教会に入会したか

My father
passed away in 1991 and my mother in 1997. After their passing, I moved to live
with my older brother’s family. While I was in high school, I lived in a
dormitory and only went home on the weekends. My relationship with my brother
and his wife was very bad, so instead of spending a national holiday with them,
I accepted an invitation from a friend to visit the Unification Church center in
Békéscsaba, the city in which I was going to school. That friend was working as
a CARP member in Békéscsaba and through her, I was able to listen to the Divine
Principle. When I heard about the human Fall, I strongly felt that this is what
was missing from the Bible and other explanations. I was very sure that this was
the truth I had to follow. After I finished high school, I moved to the center
to live there. The church community in Békéscsaba was good and the teachings of
Rev. Sun Myung Moon resonated with my way of thinking about love and peace. I
joined the church that year and became a full-time CARP
member.

私の父は1991年(訳者注:アグネスさん11才の頃)に、母は1997年(訳者注:アグネスさん17才の頃)に他界しました。彼らが亡くなった後、私は兄の家族と住むようになりました。高校の寮に住み、週末だけ家に帰りました。私と彼ら(私の兄と兄嫁)との関係はとても悪く、ある祝日を彼らと過ごす代わりに、私の友人の招待で、ベーケースチャバ(訳者注:ブダペストから南東へ150キロ)の統一教会を訪ねました。ベーケースチャバは私の学校のある町でした。私の友人は、そこでカープのメンバーとして働いており、彼女を通して統一原理を聞くことができました。人間の堕落について聞いたとき、これが聖書や他の解説書から抜けている事だと強く感じました。これは私の従うべき真理であると強く確信しました。高校を卒業して、教会センターに住み始めました。ベーケースチャバの教会の人たちはいい人たちで、文鮮明師の教えは、私の愛と平和の考え方に共鳴しました。その年に、教会に入会し、カープのフルタイムメンバーになりました。

In
2001, I moved to Szeged, which is where I now live. I was a full-time member
until 2007, mostly fundraising and participating in workshops as
staff.

2001年にセゲド(訳者注:ブダペストの南方、セルビアとの国境近くの都市)に移動し、そこが、私が今、住んでいるところです。2007年までは、教会のフルタイムのメンバーとして働き、経済活動やワークショップのスタッフとして働きました。

My
first Marriage Blessing was in 2000, but after five years, my Blessing broke. It
was difficult to reapply for the Blessing, but I was matched again to my current
fiancé, Keiichi, on December 29, 2005, in Cheong Pyeong, South Korea. At that
time, True Father was asking everyone who had applied to the matching to go to
Korea so that he could personally match them. It was such a special experience
for me. I remember thinking the night before the matching that I did not want a
Japanese spouse because communication would be difficult. My first spouse had
been from Europe, and even then we had struggled to communicate. But I prayed
and trusted myself to God.

私の最初の結婚祝福は2000年でしたが、5年後に祝福は壊れました。祝福に再度申し込むことは難しい事でしたが、2005年の12月29日に、韓国のチョンピョンで、Keiichiさんとマッチングを受けました。真のお父様は、マッチングを受けたい全ての人は韓国に来るようにおっしゃり、自らマッチングして下さいました。私にとっては特別な体験でした。私はその前夜、言葉の問題もあり、日本人の兄弟とのマッチングは希望していませんでした。私の最初の配偶者はヨーロッパの人でしたが、コミュニケーションには苦労しました。でも、祈って、神様にお任せしました。

Then,
True Father Blessed me to a Japanese brother. I was initially afraid, but after
Keiichi held my hand, as True Father instructed us to do, I felt so much peace.
From that time, Keiichi always held my hand, and wherever we went, he took care
of me. He also took care of one of my friends, who had trouble seeing. This
considerate manner of Keiichi touched me so much. When we said goodbye after the
Blessing, both of us were almost crying. After this first meeting we met again
two years later. He was a full-time member in Nagoya, and I was fundraising in
another
country.

真のお父様は、私を日本の兄弟と祝福しました。最初は恐かったです。でも、真のお父様がそうするようにとの事で、Keiichiさんは私の手を握ってくれて、私はとても平和に感じました。そして、彼は、目のよくない私の友人をとてもよく面倒見てくれました。祝福後にお別れをした時、二人とも、ほとんど泣きそうでした。再開したのは2年後の事でした。彼は名古屋でフルタイムメンバーで、私は他の国で経済活動をしていました。

Keiichi and Agnes.JPG
Photo: http://kidnapping.jp/news/20111111.html

Every
week I called him and spoke for at least one hour. We mostly talked about
fundraising activities, but many times he gave me the strength to fundraise. I
did everything to share my experiences with him. I sent him letters and gifts.
When he came to visit me in 2008, we planned out our future. We planned that we
would spend a maximum of two more years separately and use the time to build a
good spiritual and financial foundation. We talked about living in Korea. We
planned to prepare our legal marriage papers. However, when Keiichi went back to
Japan, we both lost our jobs and struggled financially. I did not have money to
call him. He did not have Internet access and was not good at writing letters.
It was almost impossible to communicate. I was only able to reach him through my
Japanese
friends.

毎週、彼に電話をして、最低1時間は話しました。私たちは、経済活動についてよく話しました。彼は、私に経済活動に向かう心の強さを与えてくれました。私は、私の体験を彼に知ってもらうため全力を尽くしました。私は、彼に手紙やプレゼントを送りました。2008年に彼が私を訪ねてくれた時、将来について話し合いました。あと、最長であと2年、別々に生活し、精神的にも経済的にも基盤を築こうと計画しました。韓国に住んでみることも話し合いました。結婚のための正式な書類を準備することも計画しました。しかし、Keiichiさんが、日本に戻ったあと、私たちは二人とも仕事を失い、経済的に苦しくなりました。私は、彼に電話するお金すらありませんでした。彼は、インターネットの接続がなくなり、手紙を書くのは苦手でした。通信することは、ほとんど不可能でした。私は、私の日本人の友人を通じて、やっと彼に連絡することができました。

My
Husband’s Mother Was Deprogrammed
私の夫の母は、強制改宗の被害者

Keiichi is
32 years old and has two younger brothers. His mother became a member of the
Unification Church when Keiichi was a teenager, but she later was kidnapped and
suffered at the hands of deprogrammers herself and left the church. Keiichi used
to live near Tokyo, where his family still resides, but he left because he
suspected that they would kidnap him for deprogramming. Until 2008, he did not
have much of a relationship with his family. I think he suspected that he was in
danger of being
kidnapped.

Keiiichiさんは32才で、二人の弟がいます。彼のお母さんは、彼がティーネイジャーの頃、統一教会に入会しました。しかし、彼女は、後に拉致され、ディプログラマーの拘束の中で苦しみ、教会を離れました。Keiichiさんは、彼の家族の住む東京の近くに住んでいましたが、拉致監禁されるおそれがあるため、家を離れました。Keiichiさんは、2008年までは、彼の家族とはほとんど関係を持っていませんでした。私は、彼が、拉致される危険を感じていたんだと思います。

I
love Keiichi, my husband, very much. Although we are not legally married, in my
heart and in the eyes of God he has been my husband since 2005. I have been
missing the chance to talk to him now for more than four months. Before he was
abducted, we made great plans for a happy family. We prepared ourselves for
marriage. Now religious bigots in Japan are trying to keep us away from each
other. Every day I pray that his kidnappers will release him as soon as
possible. It causes me so much pain to know he is suffering under this pressure
without meaning. I pray every day that this day would be the last one he spends
in this way. All I want is to see him free, to embrace him again, to be together
and build up our own safe home. It would be my biggest present for this
Christmas to see him free
again!

私はKeiichiさんをとても愛しています。私たちは法律的には結婚してなくても、私の心と、神様の思いの中では、2005年以来、Keiichiさんは、私の夫です。もう、4ヶ月以上も彼と話す機会がありません。かれが拉致される前、私たちは幸せな家族を築くため大きな計画を持っていました。私たちは結婚する準備をしていました。私は、毎日、彼を捕えた人たちが少しでも早く彼を釈放するよう祈っています。彼が意味のない苦しみで苦しんでいるのを知ると、私の心はとても痛みます。私が希望するのは、彼が自由になって、一緒に私たち自身の安全な家庭を築くことです。もし、自由になった彼を再び見ることができれば、最高のクリスマスプレゼントになるでしょう。

Translated by Yoshi

http://cafe.daum.net/chdmbu




coded by nessus
Posted by on 2011年12月31日. Filed under ニュース, 社会. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*