[2012ピースカップ] ハンブルク·サンダーランド韓国に来る


12/27、 2012ピースカップの参加チームの発表がされた。

 

ジドンウォン·ミン、2012ピースカップの舞台で走る <스포츠월드>

ヨーロッパ舞台を縫っているチ・ドンウォン(20)とソン・フンミン(19)が2012年ピースカップを通じて,韓国ファンたちに自身の技量を初公開する。

ピースカップ組織委員会は27日サッカーを通した人類平和と和合に向かった地球村名門クラブサッカー対抗戦である‘2012ピースカップ’にイングランド プレミアリーグのサンダーランドとドイツ ブンデスリーガーの名門ハンブルグが出場すると明らかにした。 サンダーランドにはチ・ドンウォンが,ハンブルグにはソン・フンミンが活躍していて国内ファンたちにも良く知られた球団、ここにキ・ソンヨンとチャ・ドゥリが走っているスコットランドの名門セルティクとも日程を調整していて近い将来参加の有無が決定される展望だ。 ピースカップ組織委は交渉段階から韓国人選手たちが走っているチームと接触してきた。

鮮文平和サッカー財団が主催してピースカップ組織委員会が主管するピースカップはサッカーを通じて,文化と人種,宗教を超越した交流と和合を追求する大会理念の元去る2003年始まって,来年5回目をむかえる。 その間世界各国の名門クラブが大会に参加して,その権威を認められた。 2012年ピースカップは来年7月19日から22日まで4日間水原(スウォン)ワールドカップ競技場で賞金総額250万ドルを置いて韓国の城南一和(ソンナム・イルファ)を含む4個のクラブが参加して,トーナメント形式に開かれる。 優勝賞金は150万ドル. チ・ドンウォンとソン・フンミンなどその間しばしば見ることができなかった韓国選手がグラウンドを縫う場面を見ることだけでもサッカーファンを興奮させるに値する。

ピースカップは以前から韓国選手が走っているチームがしばしば招請された。 2003年初めての大会ではヒディンク監督と共にイ・ヨンピョ,パク・チソンが属したPSVアイントホーフェン(オランダ),ホン・ミョンボ オリンピック代表チーム監督が身を置いていたLAギャラクシー(米国)が出場した。 2005年にはイ・チョンスが走ったレアルソシエダドゥ(スペイン)とイ・ヨンピョがあったトットナム ホットスパー(イングランド),2007年にはソル・ギヒョンが活躍したレディン(イングランド)がピースカップ舞台を踏んだ。

特に今回招請されたサンダーランドとハンブルグはその間韓国ファンたちに対する関心度が高かった。
チ・ドンウォンが走っているサンダーランドは韓国語ホームページを運営して去る10月にはニアをクイーン チョン団長とスティーブ,ブルース監督が韓国を訪れることもした。 ソン・フンミンの所属チーム ハンブルグやはり同じ月ニコラス・メク巨園海外営業理事が直接韓国を訪問して,ソン・フンミンの故郷である春川(チュンチョン)に作られるサッカー学校後援することもした。

ソン・ヨンジュン記者eidy015@sportsworldi.com




coded by nessus
Posted by on 2011年12月30日. Filed under スポーツ・文化, ニュース. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*