ホ・オポノポノ


ハワイに伝わる「人の心を完全な健全状態にするという秘伝(=ホ・オポノポノの伝導者、

ヒューレンさん(Ihaleakala Hew Len,
Ph.D.,)…

「ホ・オポノポノ」の決め手は、

すべてを感謝し、すべてを愛し、謙虚で、すべての責任をとり

そしてすべてを楽しめる人間になること

自分に来る問題に恋をすること」「過去に執着せず心をゼロにすること

と彼の言っていたことも思い出しました。

「ホ・オポノポノ」について、

以前「にんげんクラブ」のホームページに紹介したのを、そのままここへ転載します。

二年前に、ハワイに住む一人のセラピストの話を聞いた。

その人は触法精神障害者(訳注:刑法罰に問われたものの、
精神障害を理由に不起訴、減刑、あるいは無罪となった人のこと)の病棟に

収容されていた人たち全員を、誰一人診察することなく癒したそうだ。

その心理学者(医師)は患者のカルテを読み、
自分がどのようにしてその人の病気を創りだしたのかを理解するために、

自分の内側を見たのだそうだ。
彼が自分自身を改善するにつれて、患者も改善したという。

(中略)

彼の名はイハレアカラヒューレン博士。

私たちは最初の電話でたぶん一時間は話しただろう。
彼にセラピストとしての仕事の全貌を語ってくれるようお願いした。

彼はハワイ州立病院で4年間働いたことを話してくれた。
触法精神障害者を収容していた病棟は危険なところで、
心理学者や医師は月単位でやめていき、
職員はよく病欠の電話をかけてきて、
やめていく人もいたそうだ。

人々がその病棟内を歩くときには、
患者に攻撃されないように壁に背中をくっつけて通ったらしい。
それは生活するにも働くにも訪ねるにも心地よい場所ではなかった。

レン博士は一度も患者を診なかったのだそうだ。
彼は診療室を持って患者らのファイルに目を通すことには合意した。
それらのファイルを見ながら、彼は自分自身に働きかけた。
彼が自分自身に働きかけるにつれて、
患者に癒しが起きはじめた。

「2、3月後には、以前は手足を縛られていた患者たちが、
自由に歩くことを許可されていました」と彼は言った。
「多量の投薬が必要だった人たちは、投薬をやめつつありました。
そして退院の見込みのなかった人たちが退院していったのです。」

私は畏敬の念に打たれた。
「それだけではありません」彼は続けた。
「職員が仕事に来ることを楽しみ始めたのです。
常習的欠勤や退職は消え去りました。
患者は退院していくし、職員全員が仕事に来るようになったので、
最後には必要以上の人数の職員が残りました。
現在、その病棟は閉鎖されています。」

(後略)

これだけでは何のことか分らないでしょうが、
レン博士は患者のファイルを見ながら一人一人に
「I’m sorry」と「I love you」を、くりかえし言っただけで、
それだけで患者はみんな正常になったというのです。
そしてこれが「ホ・オポノ・ポノ」という秘法だということでした。

私は、これを私流に解釈しました。
そこで10人ほどの私の知人で、
少し問題点があると思える人を思い浮かべ、名前を書きました。

そしてそれらの人に「ありがとう」とまず言うことにしました。
もちろんアタマの中で名前を見て、その人を思い出しながらのことです。
そのあとで「ごめんね」「愛してますよ」をくり返し、それと同時、私自身に
「この人に、このような働きかけをさせてくれてありがとう」
「しかしごめんね」
「私は、このような私を愛してるよ」
も、くり返しアタマの中で言うようにしたのです。

効果はあったようです。
どうやら世の中のすべての存在は一つだ
想念というか、くり返し言い思うだけで、それらも伝わるようです。
ぜひ皆さんも我流でいいですからホ・オポノ・ポノをやってみてください。

「ホ・オポノポノ」を知ると

人の言葉、思いは、大事なものであり、上手に活用しなければと思います。
皆さんも研究ください。

船井幸雄より  http://cafe.daum.net/chdmbu

Posted by on 2011年12月17日. Filed under コラム. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*