韓国語で面接


鮮文大学韓国語教育院ブログより抜粋(http://ameblo.jp/oharuto/)  

 

皆様こんにちは、こんばんは。担任の先生(もちろん韓国人)がこのブログを読んで

いたことに驚きな、ゐをです。

 

俺のクラスの担任の女の先生はとても日本語が上手です。

20年ほど勉強していらっしゃるようで……。

初級のときは生活会話の午後授業で大変お世話になっていました^^

今度、学期が終わる前までには先生の紹介をしたいと思います。

そして。

 

今し方、鮮文大学の面接を終えてきました。

午前の授業後、スーツに着替えて待機室へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

13時半から待っていたのですが俺は10グループ目で16時前に終わりました。

 

前に学科紹介を受けたときに、質問される項目をもらっていたので、面接ノートを作

成。

待ち時間の間、最後の練習をしていました。

しかし、待ち時間が予想以上に長くて、途中あまりの緊張に疲れて10分ほど爆睡し

てしまいました……。

 

今回は4人1組のグループ面接だったのですが、中国人が2人、日韓の子が1人、

俺の4人。

 

どきどきしながらも面接室へ移動すると、そこには語学院の院長先生の姿

が……!

その姿を見てほっとしながら、面接が始まりました。

一緒にいた年配の男の先生もとても良い人で、結構リラックスして受けれました。

しかし、気持ちと体は相反し、言葉は噛みまくりでしたが……。

 

意外とさっくり面接は終わりました。

皆様、お疲れさまでした^^

 

 

Posted by on 2011年11月21日. Filed under できごと. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*