アベル国連の核心的役割と平和大使の使命 : 菊谷清一のマンスリーメッセージの紹介


菊谷清一のマンスリーメッセージが更新されたのでお知らせします。

アベル国連の核心的役割と平和大使の使命

 文鮮明総裁は「平和メッセージ16」で、「平和世界を具現するに当たっては、ほかの方法があるわけではありません。人類の真の父母であられる神様の命に従い、世界を抱いてアベルUNを設立し、救援摂理を躍動的に推進、実践している私の教えに従わない限り、人類の未来は希望がありません」と話されています。
今回は、なぜ「アベルUN(国連)」が必要なのか、また、「アベル国連」を担う平和大使がどのような役割を果たしていくべきかということについて確認してみたいと思います。

続きは下記をクリック

アベル国連の核心的役割と平和大使の使命: 菊谷清一のマンスリーメッセージ

UPF-Japan(天宙平和連合日本事務局)のマンスリーメッセージブログです。

事務総長の菊谷より時代を読み解くメッセージをお送りします。

UPFとは

UPFとは「Universal Peace Federation(天宙平和連合)」の略称で、2005年9月に創設された国際組織です(本部: 米国・ニューヨーク)。

また、国連経済社会理事会(ECOSOC)の特殊協議資格(カテゴリー2)を持つ国連NGOでもあります。

UPFは、国連改革やミレニアム開発目標の達成に貢献しながら、平和文化の形成を促進しています。

菊谷清一のマンスリーメッセージより

Posted by on 2011年10月27日. Filed under ニュース, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*