朴仁渉会長、アルバム「HDH with TPs – October 2011」に、写真を追加されました。


Insup Alexander Parkさんがアルバム「HDH with TPs – October 2011」に写真を8枚追加しました。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.10150341344669182.377609.563254181&type=1

コメントの部分の和訳:
天暦9月6日(ヤン。10/02)チョンファ宮には、今年天暦8月19日(陽9.16)清平で、アメリカのキリスト教の聖職者会(ACLC)参加者172人と韓国を代表する172個の名字が、神様の祖国、韓国に入籍する”神様の祖国と入籍発足大会”提携を結んだ後、真の父母様12個名字の代表を選抜し、アメリカ西部に招待されましたが、今日はその入籍聖職者らが参加した中で訓読会が行われました。訓読会は、定員の補佐官が言葉選集30巻”行かなければならない道”編を訓読しています。

“—————————————
今日、統一教会と既成教会は、カインとアベルの兄弟の立場です。それでは、神はなぜ家を窮地に追い込んだのか?それは家が窮地に陥ることなしには、自分を救って与えることができる、第1引数、または相手の世界を必要としないからです。つまり、家が滅びる立場に追い込までは募集を受けようとする願望を持っていないことです。そのため、アベルが表示される時が来れば神は必ず家を窮地に追い込むことです。これは韓国だけでなく世界的にそのような時が来るはずです。そのような思潮が、今日のこの世界を一度攻撃してくるということです。カイン的な世界にそのような事実が起こると、アベルの新しい世界を訪ねてきたということを皆さんは知っている必要があります。これは世界を救うための神の作戦です(み旨の道 298p。)
—————————“

Posted by on 2011年10月6日. Filed under 真の家庭. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*