被害者の後藤徹さん、日本外国特派員協会で会見 「強制棄教、今も野放し」


拉致監禁関連

拉致監禁関連

強制棄教を迫られ暴力的に12年5カ月の間拉致監禁され、一昨年解放された後藤徹さん(46)=全国拉致監禁・強制改宗被害者の会代表=が5日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で記者会見し、「拉致監禁による強制棄教は今も野放しになっており、憂慮に堪えない」と、早期解決を訴えた。

被害者の大多数は統一教会の信徒たちで、後藤さんは解放後、さまざまな機関を通じてその非道を訴えてきた。「私の場合も、拉致監禁を行ったのは家族だが、別に首謀者がいる。それはプロの脱会屋であり、キリスト教会の牧師たちで、信徒たちの親を不安に陥れ、拉致監禁を教唆する。彼らに法外な謝礼金が支払われているという多くの証言がある」と明かした。

後藤さんは解放後、監禁に関与した者たちを刑事告訴したが、強制捜査も一切行われずに不起訴処分となったため、6月、検察審査会に不服申し立てを行った。

「日本国憲法で、基本的人権と信教の自由は保障されている。マイノリティーの宗教の信者にも憲法の条項の内容が平等に及び、安心して生活できる日が一日も早く訪れることを願ってやまない」と述べた。

 

被害者の後藤徹さん、日本外国特派員協会で会見 「強制棄教、今も野放し」 | 全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会ホームページより引用しました。

 




coded by nessus
Posted by on 2011年5月26日. Filed under できごと, トピックス, ニュース. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*